1位は「わたし、定時で帰ります。」 春ドラマ期待度ランキング

 民放各局で春ドラマがスタート。学園、医療、仕事などがテーマの各作品が1~2話目を迎え、各ドラマが出そろった。そこで オーヴォ編集部では、「期待している春ドラマは?」という調査をしてみた(シーズン2などシリーズ作品は除く初TVドラマ化の作品限定)。多彩な顔ぶれとなった2019年春ドラマ。あなたが注目しているのはどの作品?

 調査は、J:COMの投票機能を使って4月15日~21日に実施し、J:COMユーザーの男女計369人(コア層35~49歳)から回答を得た。

 ランキング1位は吉高由里子主演の「わたし、定時で帰ります。」で17%だった。効率を追求し定時できっぱり退社する東山結衣(吉高)を主人公に、残業問題、ワーキングマザー、ブラック上司などの現代のリアルな“働き方”を描く。“定時上がり=悪”ととらえる風潮など身近にある社会問題を丁寧に映し出しているところが共感を集めているようだ。

 2位は福山雅治主演の「集団左遷!!」で15%。廃店間際の銀行支店長に就任した片岡洋(福山)が、理不尽な上層部と対峙し大逆転に挑んでゆく姿をユーモラスに描く作品。宿敵の常務役を熱演するベテランの三上博史との対決も見どころのひとつだろう。脚本は「ROOKIES」(2008年)などを手掛けた、いずみ吉紘が担当。

 3位は古田新太主演の学園ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で13%。ゲイで女装家の教師の原田のぶお(古田)が、着任した高校で生徒たちと向き合う様子を描く作品。また生徒役の永瀬廉(King & Prince)、教師役の白石麻衣(乃木坂46)に注目しているファンも多いかもしれない。1話では下ネタのせりふを連発させた白石が大きな話題となった。

 以下、4位「きのう何食べた?」(11%)、5位「インハンド」(10%)、6位「ラジエーションハウス」(9%)、7位「白衣の戦士!」(8%)、8位「パーフェクトワールド」(6%)、同率9位は「東京独身男子」(5%)、「あなたの番です」(5%)の2作品となった。

 今回、残念ながら最下位9位(同率)となった、田中圭・原田知世主演の「あなたの番です」。視聴率が好調だった“3年A組”や“今日から俺は!!”と同枠だが、日曜夜に交換殺人をテーマにしたのが仇となったのか、現在視聴率は1桁台と低迷中。本作は4~9月までの2クール作品なのでこれから巻き返しもあるかもしれない。

春ドラマ期待度ランキング
1位 わたし、定時で帰ります。
2位 集団左遷!!       
3位 俺のスカート、どこ行った?
4位 きのう何食べた?     
5位 インハンド        
6位 ラジエーションハウス   
7位 白衣の戦士!       
8位 パーフェクトワールド   
9位(同率) 東京独身男子
9位 (同率)あなたの番です     


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ