1日1回、言葉時計 瀬戸内寂聴さんの60話

sub4 「幸せとは心が自由で、わだかまりがないこと。それで健康だったら、お金なんかなくても、一番の幸せです」。そんな言葉が、1日1回、セットした時間に聞こえてくる。小説家で尼僧の瀬戸内寂聴さんの話、60話が詰まった「寂聴さんの元気が出る言葉時計」(ヤマダ電機)が発売された。

 地震や台風、豪雨などさまざまな自然災害の被害を受けた人々に寄り添おうと、瀬戸内寂聴さんが東北をはじめいくつもの地をまわり、また月に一度京都の寂庵で法話の会を開いている。人々を元気にしている寂聴さんの言葉を、もっと多くの人に届けたいと開発された時計だ。昨年9月に録音された最も新しいオリジナルの言葉が入っている。価格は8,940円(税別)。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ