「こんな本が読みたい~」をかなえてくれる!? “あるかしら文庫診断”で探そう

 

main こんな感じの本が読みたい、あんな気分にひたって週末を過ごしたい。そう思っても、どんぴしゃりな本を探すのは至難の業だ。そんな時は「あるかしら文庫診断」というサイトへ。こんな本があったらいいな、をかなえてくれるかも。

 2017年に刊行された絵本作家ヨシタケシンスケさんの『あるかしら書店』(ポプラ社・東京)。「本にまつわる本」の専門店で、店のおじさんに「○○についての本ってあるかしら?」って聞くと、たいてい「ありますよ!」と言って奥から出してきてくれる、夢のようなお店の話だ。そんな『あるかしら書店』とポプラ文庫がコラボ。全国の本屋さんの店頭では、「あるかしら文庫フェア」開催中。特設サイトでは、8つのチェックボックスから自分に当てはまる項目を3つチェックするだけで、あるかしらおじさんがあなたの「本当に読みたい文庫本」を紹介してくれる。

sub1

 たとえば、「白いウサギに誘われて不思議な世界に行ってみたい」「本の世界に閉じ込められてもいい」「ハッピーエンドはちょっと嘘くさいと思う」の3つにチェックを入れると、あるかしらおじさんは『英国幻視の少年たち』(深沢仁著)を薦めてくれた。あなたにはどんな本を薦めてくれるかな?

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ