「パラ駅伝」雨あがりの日曜日に1万7500人

提供:日本財団パラリンピックサポートセンター
提供:日本財団パラリンピックサポートセンター

 障がいのあるランナーと健常者がチームとなってたすきをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」が3月24日、東京都の駒沢オリンピック公園陸上競技場を発着点とするジョギングコースで行われた。日本財団パラリンピックサポートセンター主催のこの催しは今年で4回め。約1万7500人の入場者でにぎわった。

約700人のボランティアが大会を支えた
約700人のボランティアが大会を支えた

 駅伝には、海外から参戦のカンボジアチームを含めた16都道府県17チームが参加。さらに約700人のボランティアが運営を支えた。会場には同センターのスペシャルサポーターの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが登場。「選手の皆さんが笑顔で走りきれるように盛り上げたい(香取さん)」「楽しみながら皆さんを応援できれば(稲垣さん)」とあいさつする中、草なぎさんは選手として参戦。タレントの稲村亜美さんや動画クリエーターのフィッシャーズとともに「チーム i enjoy」で参加した。「本気で優勝すると言っている(香取)」草なぎさんだったが、走り終えると「競技場を出てすぐばてた」と告白。しかし「声援が力になりました。今日からまた鍛えます」と充実の表情を見せた。

4区を走った草なぎさん
4区を走った草なぎさん

 レースは1区が視覚障がい者及び伴走者、2区が聴覚障がい者、3区が車いす(女子)、4区が健常者(男子)、5区が知的障がい者、 6区が肢体不自由者(立位)、7区が健常者(女子)、最終8区が車いす(男子)の順で争われ、栃木県の「ベリーグッドとちぎ」が3連覇を果たした。一方で、競技場前の広場にはパラスポーツを支援するスポンサー企業の展示ブースなどが設置された。稲垣さん、草なぎさん、香取さんの特大パネルと写真撮影ができるブースや、競技用の車いすの体験コーナー、観客にハート型の色紙を配り、 応援メッセージを届けようと呼びかけるJXTGエネルギーのブースなどで、来場者は思い思いにイベントを楽しんでいた。

稲垣さん、草なぎさん、香取さんの特大パネル
稲垣さん、草なぎさん、香取さんの特大パネル

 閉会式後には、稲垣さん、草なぎさん、香取さんがスペシャルライブを開催、昨年のパラ駅伝で初披露された楽曲「雨あがりのステップ」と「#SINGING」の2曲を披露した。前日の雨から一転し快晴となった”雨あがり”の日曜日に、鮮やかなステップを踏んだ3人に、会場からは大きな声援が上がっていた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ