日本は最多のランクイン 「アジアのベストレストラン50」

 今年もこの季節。「アジアのベストレストラン50」(サンペレグリノ&アクアパンナ)2019年度の授賞式が3月26日、マカオで開催され、日本は3位の「傳」(東京)を筆頭に、国別最多数の12軒がトップ50入りした。 

 トップ50の頂点を極めたのは、ジュリアン・ロイヤー氏が率いるシンガポールの「オデット(Odette)」。アジア的な感覚を取り入れたモダンフレンチで、4年連続首位だった「ガガン(Gaggan)」に代わり初の栄冠に輝いた。 

 2年連続で日本の首位を維持した「傳」の長谷川氏は、部門賞の「シェフズ・チョイス賞」もダブル受賞。日本からトップ10入りしたのは、5位の「フロリレージュ」(東京)、8位の「NARISAWA」(東京)、9位の「日本料理 龍吟(東京)で、龍吟の山本征治氏は、美食の世界におけるアイコンの座を確保したと認められたシェフに贈呈される「アメリカン・エキスプレス・アイコン賞」の第一回の受賞者にも選ばれた。また、18位だった「イル・リストランテ ルカ・ファンティン」(東京)のファブリツィオ・フィオラーニ氏が、「ヴァローナ社 アジアのベストパティシエ賞」を受賞した。 

 そのほか、14位に「ラシーム」(大阪)、24位に「ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ」(福岡)、25位に「鮨 さいとう」(東京)、26位に「レフェルヴェソンス」(東京)、45位に「カンテサンス」(東京)が入賞。東京の「茶禅華」と「SUGALABO」がそれぞれ23位と47位に初登場した。 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ