JVCが初めてのドライブレコ―ダーに好適のエントリーモデル発売

03.07 JVCがはじめてのドラレコエントリーモデル_GC_DK3_T_02 昨今の交通事情から右肩上がりで普及が進むドライブレコーダー。初めて取り付けようと思っている入門者に良さそうなモデルが登場している。JVCケンウッド(横浜市)から発売のJVC“Everio(エブリオ)”「GC-DK3-T」(市場価格1万6,000円前後)は、小型の本体に充実の性能、機能を盛り込んでいる。

小型車でも邪魔になりにくい幅約61mm×高さ約54mm×奥行約32mmの薄くてコンパクトなボディは、女性ユーザーも意識したシックなダークブラウンに仕上がり、車の内装にもよくマッチするはず。

モニター画面は2.0型とやや小ぶりだが、フルハイビジョン(1920×1080)の高精細な記録、逆光やトンネルなどの明暗差が激しいシーンでも黒トビ、白トビを防ぐHDR機能など、画質も上位機に引けを取らない。

4つの記録モードを搭載。常時録画のほか、突発適な衝撃や急停止などのときに自動的に録画するイベント記録、駐車時の衝撃や動くものを検知して記録する駐車録画、表示中の映像を撮る写真撮影で、さまざまな状況を記録できる。もちろん、LED信号機の点灯もしっかりと判別できるように撮影コマ数を最適化している。ドライブの心強い味方になってくれそうな一品だ。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ