リサとガスパールは20歳! 東京駅のポップアップショップで限定グッズも出ますよ~

img_178082_1 犬なの?ウサギなの?分からないけどとにかくかわいい~と愛されてきたフランス生まれの人気キャラクター、リサとガスパール(ソニー・クリエイティブプロダクツ)は、今年で20歳になった。東京駅一番街で、20周年のポップアップショップが3月1日にオープンする。

 「リサとガスパール」(Gaspard et Lisa)は、アン・グットマン(文)、ゲオルグ・ハレンスレーベン(絵)夫妻による絵本シリーズのキャラクター。白い体に赤いマフラーを巻いた女の子のリサと、黒い体に青いマフラーを巻いた男の子のガスパールは、とびきりキュートなパリの住人だ。1999年にフランスで出版され、日本でも現在までに40タイトルの絵本が発売されている。

 ショップ名は『リサとガスパール 20周年アニバーサリーショップ SANTE!』。サンテはフランス語で乾杯という意味。5月28日までの出店で、記念グッズや限定グッズも登場する。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ