ミシュランの星付きレストランで女性が死亡 食中毒の症状多数

Old Cathedrals And Buildings
Old Cathedrals And Buildings

 ミシュランの星付きレストランといえば「美食」の代名詞。安全性は言わずもがなの前提事項だが、まさかの“事故”が起きてしまった。スペイン・バレンシアの一つ星レストラン「リフ」で、夕食をとった女性(46)が死亡した。他にも同店で食事をした28人が食中毒の症状を訴えているという。

 エル・パイス紙など欧州各紙が伝えたところによると、この女性は今月16日、夫の誕生日を祝うため家族で同店を訪れ、米とアミガサ茸の入ったメニューを注文。食事をした後、吐き気や下痢などの症状を訴え、翌17日未明に死亡した。一緒に食事を取った夫と息子は回復したという。地元当局が、今月13~16日の間に同店で食事をした75人を追跡調査、うち29人に吐き気などの食中毒の症状が確認された。レストランの食材を検査したものの、目下原因の特定には至っていない。

 「リフ」は、ドイツ人シェフが2001年に開業、2009年にレストランガイドのミシュランで一つ星を獲得している。シェフは、原因が特定できるまで閉店するとしている。

 

(text by coco.g)


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ