電動ノコギリに仏像、“18金の耳かき”も!? 大吉が中古品の買取実態を調査

記念硬貨なども高値で売られることもある
記念硬貨なども高値で売られることもある

 買取専門店「大吉」を全国約280店舗展開するエンパワー(東京)は、主要10店舗に来店した20代から80代の男女を対象に中古品買取に関する実態について調査(サンプル件数:6544件)した。それによると、売却できる意外なものがあることがわかり、そのうち、いくつかを紹介してみよう。

■年賀はがきは売りに出して現金化できる

 年賀はがきは、郵便局で手数料を払えば、通常の切手やはがきに交換可能できるが、大吉では不要な分を現金化することが可能。

■コレクション性の高い切手は高額で売りに出せるかも

 ドラゴンクエスト30周年記念切手を売りに出す人もいたとか。コレクション性の高い切手は高額で取引されることもあるようだ。

■電動ノコギリなどの電動工具も売りに出せる

 電動ノコギリなどの電動工具は作業がはかどる便利なものだが、一度使ったきりで使わなくなってしまったという人も多いのでは。今回の調査では電動ノコギリを売り出した人がいた。

■仏像は、芸術的な観点から高額で取引される場合もある

 仏像は売りに出していいものなのか、悩む人もいるだろうが、仏像は古美術・仏教美術として価値が高いものもあり、絵画や骨董品と並んで、高額で売買されている。

■金が使われているものは貴金属として売りに出せる

 今回の調査では、18金の耳かきを売りに出される人がいたとか。金が使われている品物は、「大吉」では貴金属として買取を行っている。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ