工場の次は、美しすぎる廃墟!? イメージを覆す写真展「変わる廃墟展」

img_176489_1 廃墟、と聞いてイメージするものは?

 幽霊やお化けでも出てきそうな感じがするが、朽ち果てていくはかなさという趣もある。そういった廃墟の持つ美しさに着目した写真展が開催される。従来の廃墟のイメージを覆す「変わる廃墟展2019」だ。3月1日(金)から東京・浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」で開かれる。

15組のアーティストが参加し、廃墟の静寂の中に眠る美しさを表現する。特設ブースではプロジェクターを用意し、臨場感あふれる動画作品の新作も公開する。廃墟の美しさがより鮮明に楽しめるよう、一部の写真にはアルミフォトパネルを使用したメタルプリントを採用している。写真展は4月に名古屋、5月に広島でも開催する。

美しき廃墟の合同写真&物販展「変わる廃墟展 2019」

開催日時:2019年3月1日(金)~3月31日(日) 11:00~19:00

休館日:毎週月曜日

会場:TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)

入場料:500円/3歳以下は無料


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ