東京の酒蔵が作る「ポッキー東京あまざけ」 “地元とつくる、地元ポッキー”

main 東京には、「東京港醸造」という23区内唯一の酒蔵がある。江戸幕末に栄えた酒蔵だが明治に一旦廃業し、100年の時を経て2011年に港区で復活した。麹(こうじ)製造からお酒が完成するまでの全ての工程を、敷地22坪・地上4階建てのビルの中で行い、水は東京の水道水を利用するという都会ならではの酒造りをしている。江崎グリコ(大阪市)は、その東京港醸造が製造する甘酒を使った「ポッキー東京あまざけ」(オープン価格)を首都圏限定で2月5日(火)に発売する。

sub15

 ポッキー東京あまざけは、地域限定ポッキー:“地元とつくる、地元ポッキー”の新商品。日本の多くの特産品を知ってもらいたいという目的で、2016年以降7種類(夕張メロン、佐藤錦、五郎島金時、信州巨峰、宇治抹茶、瀬戸内伊予柑、あまおう苺)を発売し、商品紹介と同時に地元レポートも公式サイトで公開している。

 東京あまざけは、文化九年創業の東京港醸造との共同企画。東京都産の米と水を使ってできた甘酒「東京あまざけ」を使用している。米麹を原料とした東京あまざけに酒粕を加え、芳醇な香りが漂うポッキーに仕上げている。販売エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉。パッケージは、国内向けとインバウンド向けの2種類。一本ずつ個別包装の15袋入り。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ