“死ぬときぐらい好きにさせてよ” ならではの名言が詰まった「樹木希林 120の遺言」

main 樹木希林さんの生前の言葉をまとめた書籍「樹木希林 120の遺言」(本体1200円+税)が注目を集めている。 樹木希林さんの名言が話題となっていることを受け、発行元の宝島社(東京)は初版は異例の10万部を発行。さらに、発売前から予約が殺到したため、発売初日である1月28日に5万部の重版を決定して、累計発行部数は15万部となる。

 本書は「NHKスペシャル『“樹木希林”を生きる』」や、朝日新聞の連載「語る 人生の贈りもの」のインタビューほか、雑誌、専門誌、フリーペーパーでの発言にいたるまで多岐にわたるメディアから、心に響く樹木さんのメッセージを厳選。「寺内貫太郎一家」について語った1974年の対談から2018年に亡くなるまでの120の言葉を収録し、本書でしか読むことのできない名言を満載している。

sub7

 仕事、家族、夫婦関係、生きることと死ぬことについて……。誰もが人生で直面する「壁」をどう乗り越えればいいのか──“ありのままの自分”を貫き、最期まで“自然体”で生きた樹木さんの率直な言葉には、彼女の人となり、そして人生哲学がつまっている。

 樹木さんが1歳ぐらいのときに撮影されたご両親との写真、内田裕也さん・也哉子さんとの記念館での写真、娘夫婦・孫との家族写真など、女優としてだけでなく女性として、母として、祖母としての樹木さんの姿を垣間見ることのできる貴重な写真も収録。装丁は鈴木成一さん。まえがきは、生前、樹木さんと親交のあった養老孟司さんだ。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ