2月は全国生活習慣病予防月間って知ってた? 市民公開講演会の参加者募集

big man in formal clothes sitting and consuming plate with fast food 健康診断で「生活習慣病に注意して下さい」なんて言われてない? そんな黄色信号が灯っているあなたにぴったりの講演会だ。毎年2月は、日本生活習慣病予防協会(東京)が主催する「全国生活習慣病予防月間」。今年は、健康標語である一無二少三多(無煙・禁煙、少食、少酒、多動、多休、多接)の“少酒(お酒はほどほどに)”にフォーカスし、啓発活動を行う。メインイベントとなるのが市民公開講演会で、2月6日に日比谷コンベンションホールで開催される。

 全国生活習慣病予防月間は、生活習慣病予防に対する国民の意識向上と、これによる健康寿命の延伸を目指すべく2011年にスタート。毎年2月の1カ月間、行政、自治体、関連団体、産業界やメディアなどを通じて集中的に情報発信を行っており、恒例行事として定着している。

 活動内容は、スローガン(川柳)の募集、ポスター・リーフレットの無料公開、全国の自治体、関連団体・企業等との連携活動のほか、メインイベントの市民公開講演会2019「少酒と生活習慣病・がん予防」では、井上真奈美先生(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究部部長)による「少酒とがん予防」、歯科の領域からは小林隆太郎先生(日本歯科大学口腔外科教授)による「アルコールとお口の健康」の講演を実施する。

■講演会開催概要

日程:2019年2月6日(水) 13:30~15:45

会場:日比谷コンベンションホール(大ホール)

(千代田区日比谷公園1-4千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)

対象:一般の方など180人

参加:無料

【参加申込み】

Webサイトの専用フォームから。 ※定員となり次第締め切る

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ