“52 Places to Go in 2019” NYタイムズが選ぶ2019年の旅行先

Vibrant houses San Juan 冬休みが終わったばかりではあるが、今年はどんな所を旅してみたい? すでに行きたい場所・国が決まっている人もいるかもしれないが、悩んでいる人は次のリストを参考にしてみよう。アメリカのニューヨークタイムズが、2019年に訪れるべき旅行先「52 Places to Go in 2019」を発表している。

 1位に選ばれたのは、カリブ海の観光名所「プエルトリコ」。2017年9月に発生した巨大ハリケーンの被害から立ち直りつつあるプエルトリコは、美しいビーチがあるリゾート地として人気だ。ただ、プエルトリコが1位に選ばれたのはこれだけが理由ではない。プエルトリコの島々は、上昇しつつある海面のために、将来、水没の危険性がある。また、地球規模で進む温暖化の影響で、ハリケーンなどの自然災害のリスクが高まっている。この美しいリゾート地を観光客として満喫するだけでなく、いかに保護していくかを考えてもらうために、ニューヨークタイムズはプエルトリコを1番に選んだという。

 2位はインドの「ハンピ」(Hampi)。3位にはアメリカ・カリフォルニアの「サンタバーバラ」(Santa Barbara)がランクインした。そしてトップ10のうち、7位に入ったのが日本の「瀬戸内」(Setouchi Islands)だ。瀬戸内を紹介する記事では、今年開催される瀬戸内国際芸術祭をはじめ、しまなみ海道のサイクリング、広島平和記念資料館のリニューアルオープンなどを目玉に挙げている。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ