パナソニックから「ファイナルファンタジーXIV」のお墨付きバースピーカー

01.19 masaki パナソニックが「ファイナルファンタジーXIV」のバースピーカーmain パナソニックは、(株)スクウェア・エニックスと共同開発した3つのゲームモードを持つテレビ用バースピーカー「SC-HTB01」を、1月25日に発売する。オープン価格で、店頭では4万5,000円前後となる見込み。

 基本構成はドルビーAtomos、DTS:Xなどの最新3次元サラウンド再生に対応したスピーカーシステムで、ゲームの臨場感を大きく高める。スクウェア社のオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の検証基準をクリアしているというのが大きな特徴。前記の通りRPGなどの臨場感を高めるゲーム1をはじめ、周囲の音が聞き取りやすくFPSやTPSなどのマルチプレーヤーのシューティングゲームに適したゲーム2、人の声を強調しゲームへの没入感をアップするゲーム3の各モードを備え、さまざまなオンラインゲームが楽しめる。

01.19 masaki パナソニックが「ファイナルファンタジーXIV」のバースピーカーsub1

 映像面では4K機器や4Kテレビなどとも、4Kクオリティそのままに接続できる4Kパススルー対応、スマホとワイヤレスでつながりその音楽を再生できるBluetoothにも対応している。幅430ミリ、高さ52ミリ、奥行130ミリで重さ約1.8kgとコンパクト。24型などのパーソナルサイズのテレビやディスプレイにもマッチするのもポイントが高い。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ