利用するのは価格のためだけじゃない 調査で分かった100円ショップの価値

 使い切ったり、定期的な更新が必要な商品を買う人が多いようだ。30~60代の主婦100人を対象に実施した「100円ショップ」に関するアンケート調査(ドゥ・ハウス/東京)によると、8割の主婦が月に1回、約半数が2週間に1回は100円ショップの商品を購入している。 

 よく購入する商品カテゴリー(複数回答)は1位が文具(68.0%)、2位はキッチン消耗品、3位は洗濯用品。100円ショップがよい、十分という理由は「常に新しい状態で使える」「100円ショップの商品の方が便利」「邪魔にならない」などだ。気軽に使ってマメに買い換えられるし、種類やデザインなど品ぞろえが豊富であることから、選ぶ楽しさがあるという価値を感じている人も多かった。 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ