KADOKAWAの新文芸レーベル 「ドラゴンノベルス」を刊行

Web KADOKAWA(東京)は新たな新文芸レーベルである「ドラゴンノベルス」を2月5日に創刊する。

 「ドラゴンノベルス」は今年で33周年を迎える歴史あるゲームレーベル「ドラゴンブック」を源流とし、古き良きファンタジーの世界を装いを新たに読者へと提供する新文芸単行本レーベルだ。WEB発小説やゲームノベライズを中心に、「新・古典ファンタジー」とも言える新たなファンタジー小説を刊行していく。以下に注目ポイントをいくつか挙げてみよう。

(1)テーブルトークRPGから人気作品のノベライズシリーズを刊行

 30年つづく、累計発行部数1,000万部超えの国産ファンタジー『ソード・ワールド』シリーズから新たな小説作品を発売予定。このほか、『迷宮キングダム』や『クトゥルフ神話TRPG』といった人気TRPG作品の小説化も続々と展開する。

(2)新文芸作品が多数登場。WEB小説サイト「カクヨム」では、第1回ドラゴンノベルス新世代ファンタジー小説コンテストを開催するなど、「カクヨム」発作品を積極的に刊行する。また、ドラゴンノベルスで小説版を展開する『ソード・ワールド』をはじめとし、人気ファンタジー作品の二次創作を解禁。書き手と読み手、そしてゲームユーザーが集い、より深くファンタジー作品を楽しめるコミュニティの場を作る。

(3)世界が認めた大作ゲームのノベライズシリーズを刊行

 WEB発小説やTRPG小説以外にも、大作RPGや人気UGCゲームなどのゲームノベライズ企画も進行中!

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ