世界初の“木材ストロー” 間伐材を活用した「Wood Straw Project」

main プラスチック製ストローの使用をやめる動きが世界中で広がりつつある中、アキュラホーム(東京)とザ・キャピトルホテル東急(同)は、国産の間伐材を活用した「木材ストロー」の量産化に成功。2019年1月16日(水)からザ・キャピトルホテル東急の店舗で木材ストローの試験導入を始める。木材ストローは、スライスした木材を巻いたもので、色が茶色である以外は、形も見た目もプラスチックストローと変わらない。木材ストローを使うことは、プラスチックの使用量を削減できるほか、間伐材の活用で森林保全にも役立つ。ザ・キャピトルホテル東急では、2019年4月までに全レストラン&バーで木材ストローを使用することを目指す。

 温かみのあるウッドカラーの木材ストロー。ちょっとしたインテリアにもなりそうだ。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ