なんかほっこり~ 「猫と、こたつと、思い出みかん」

main 昭和を生きた世代なら、大抵実物を知っている「こたつ」、最近はめっきり見なくなった。こたつに入ってみかん。足を伸ばしたら、あ、猫がいた、というなかなか昭和な風景が懐かしい~という人は、せめて猫のこたつを前にみかんを食べるのはいかがでしょう?ネコ好き店主が企画したライトノベル風みかん、「猫と、こたつと、思い出みかん」(中田鶏肉店・和歌山県御坊市)が発売された。

sub2

 段ボール製のみかん箱は、ライトノベルらしく“原稿用紙”をイメージ。太陽の光をたっぷりと浴びた和歌山みかんが5kg入っている。そして段ボール製の「ネコ用こたつ」がもれなくついてくる。家にコタツがなくても、「こたつ猫」の写真を存分に撮ることができるし、その横でみかんを食べれば、平成が終わる前に存分に昭和も振り返ることができる。価格は3,922円(税別)で、売り上げの一部は保護猫活動の支援金となる。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ