男性7割、女性4割が「一人」 平成最後のクリスマスの過ごし方

sub2 周囲のにぎやかな空気が、気持ちに影響する季節。婚活総合サービス株式会社IBJ(東京)が独身者を対象に実施した「クリスマスに関する意識調査」によると、男性の約7割、女性の約4割は今年のクリスマスを一人で過ごす予定だが、クリスマスに告白されたら、男性の9割、女性の約8割は受け入れると回答している。20~50歳の独身男女約924人に実施した調査。クリスマスに抱く感情はさまざまで、楽しい気持ち(39.4%)、寂しい気持ち(32%)、焦る気持ち(13.7%)、幸せな気持ち(10.4%)、悲しい気持ち(4.4%)で、全体として楽天的な感情と悲観的な感情が半々だ。 

 クリスマスデートスポットとして最も人気が高かったのは、「イルミネーションが綺麗な場所」(56.3%)。クリスマスを感じられる場所として人気のようだ。 

 一方、クリスマスデートにこぎ着けた場合に「思わず萎えてしまう」こととして最も多かったのは、「会話が盛り上がらなかった」(65.4%)という回答。会話の相性は大切だ。緊張せずに楽しめればもちろんすてきだし、緊張してしまったら、無口にならず素直に「緊張している」と伝えた方が好印象かも~。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ