カメラ誌がつまらないから・・・ 逆張りの禁断企画

 ボーナス商戦期は、新製品の紹介がお決まり。でも、巻頭特集はまさかの「カメラの修理の今」だ。発売中の「アサヒカメラ2019年1 月号」(朝日新聞出版)は、カメラ誌では“異例の禁断企画”を敢行。新しいものに手が伸びるこの時期に、修理だけで25ページの大展開になっている。 

 なぜこんな企画を?  「最近のカメラ・写真誌はつまらないと思いませんか? 新製品が発表されると各誌がこぞって取り上げ、どこの表紙にも同じ機種の名前が躍る。春が近づけば桜、秋が近づけば紅葉の特集、年末にはボーナス商戦到来とばかりにカタログまがいの記事が乱舞する見事に横並び。これじゃ、雑誌が売れなくなるのも当然。みなさんもウンザリしていませんか?」というのがその答のようだ。 

 というわけで、まず隗(かい)より始めよ。新製品ではなく、手元のカメラがいつまで使えるのかについて着目。最新デジタルカメラから、懐かしのフィルムカメラまで修理の最前線を徹底取材した“逆張り”号を作った。識者への連続インタビュー特集「カメラ・写真誌にこれが言いたい」も必読だ。定価980円。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ