2019年に訪れるべき旅行先は? Airbnbの予想ランキング

sunset bike 年末年始の旅行を楽しみにしている人も多いだろう。日本では台湾・ハワイ・韓国などへの旅行が人気だが、2019年はどんな旅行先がはやるだろうか。民泊仲介サービスのAirbnbは、2019年のトレンド旅行先19カ所を発表した。1位に輝いたのは、ニュージーランドのカイコウラ(Kaikoura)。2016年に発生した地震で大きな被害を受けたカイコウラだが、列車などの公共交通機関の復旧とともに観光業も立ち直りつつあり、年間の予約件数は295%アップ。検索数も2倍以上に伸びている。2位は、中国の厦門(アモイ・Xiamen)。中国南部に位置するリゾート地として人気があるほか、自動車の乗り入れが禁止されているコロンス島は、世界文化遺産にも指定されている観光名所だ。

 3位にランクインしたのは、メキシコのプエブラ。首都メキシコシティから車で約2時間のプエブラは、ビーチや市街地散策以外のメキシコ観光を楽しみたい人にオススメ。4位は、フランスのノルマンディー。パリから列車で約2時間のこの地方は、「カマンベール街道」(Route du Camembert)があることでも知られている。

 19カ所のうちアジア地域から選ばれたのは、中国・厦門のほか、和歌山県(日本)、インドのポンディシェリ、台湾、ウズベキスタン。欧米地域以外から選出されたのは、ブエノスアイレス(アルゼンチン)・アクラ(ガーナ)・モザンビーク・サンタカタリーナ(ブラジル)。詳細はHPから


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ