朝食は毎日ちゃんと食べてる?  パートナーがやったらドン引きの食べ方は・・・

 朝ごはんを食べた方が、勉強や仕事の質は上がるという話が一時よく聞かれたせいか、今年は「朝食を食べる頻度が増えた」という人が約7割いることが分かった。マルハニチロ(東京)が行った、15~59歳の男女1,000人を対象とした「今年の食生活に関する調査」の結果だ。朝食を食べる人は増えたようだが、「家族そろって朝食を食べる頻度」は「まったくない」と答えた人は37.5%。「家族そろって朝食を食べる頻度」が「減った」とする人も62.8%で、慌ただしい朝は多くの人が通学や出勤の準備に追われている様子がうかがえた。 

 一方、「自宅で夕食を食べる頻度」が「増えた」と回答した人は71.8%。「家族そろって自宅で夕食を食べる頻度」が「増えた」とする人も54.4%で、「ほぼ毎日」家族全員で夕食を自宅で食べている人も35.2%いた。逆に、「外食をする頻度」は61.6%が「減った」とし、外食をしてもその回数は月に1回以下の人が最も多かった。「自宅で食事に活用しているもの」(複数回答)は、1位「冷凍食品」(51.8%)、2位「惣菜」(42.8%)、3位「レトルト食品」(39.4%)で、特に30代では57.5%が「冷凍食品」を使っていることが判明した。 

 全体では78.2%の人が「今年の食生活」に満足している模様だが、食べるものと同時にその食べ方には注意をした方がよさそうだ。「パートナーがやっていたら、好感度がダウンすること」(複数回答)として、66.4%が「食べ方が汚い」を選択。「くちゃくちゃ音をたてながら食べる」も60.1%、「食事中にずっとスマホをいじる」とした人も49.0%いた。いずれも、自宅でも同様の食べ方をしている可能性があるが、ほかの人と食事をするのであれば、それが家族であれ恋人であれ、食事のマナーには最低限気を付けよう。 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ