犬と暮らせるシェアハウス 「TOKYO SHARE BOND Komaba」オープン

img_171622_1 ペットを飼っていると、家を借りるのに苦労したことがある人も多いのでは? そもそもペットが飼育可能な賃貸物件がそれほど多くはない上に、好みの立地や間取りを考えると、選択肢はさらに狭くなる。そこでマーヴァラス(東京)は、全室犬の飼育が可能なシェアハウス「TOKYO SHARE BOND Komaba」を東京・駒場に12月2日(日)、オープンする。同シェアハウスは犬との快適な暮らしを後押しする設計になっていて、共有設備としてグルーミングルームを用意。犬専用のシャンプー台やフリーハンドでも使えるドライヤー、犬専用の洗濯機がある。また屋上にはドッグランも併設。入居者ならいつでも無料で使えるようになっている。寝室は15室すべてが個室。7万8,000~8万5,000円の家賃のほか、共益費1万5,000円とドック共益費5,000円がかかる。立地は、京王井の頭線の駒場東大前駅から徒歩で1分と便利。仕事に集中できる個室のワーキングブースも複数ある。問い合わせは電話0120-182-112まで。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ