ペヤングを焼きます! 専用ホットプレートでカップめんの「焼かない」矛盾を解決

sub11 カップ焼きそばは「焼かない」で食べるもの。その“焼きそば”じゃないじゃないか、という矛盾がついに解決される時が来た。世界初の焼きそば専用ホットプレート、「焼きペヤングメーカー」(ライソン・大阪市)が発売される。クラウドファンディングで、キャンペーンがスタートした。商品が手に入るのは来年3月ごろの予定。参考店頭価格は2,980円(税別)。

 ペヤングが大好きな社員が、一度フライパンでカップ焼きそばを焼いたところ、麺がソースを吸ってより本格的な香ばしい焼きそばができた、ということでこの商品を開発したという。超大盛にも対応したプレートサイズで、ガス火での火力を再現、ペヤングをおいしく焼くためだけに最適化された温度設定だそうだ。一番おいしくつくれる水の分量が測れる「計量器」付きで、もちもちな仕上がりになるうえ、Wフッ素樹脂加工のプレートで、焦げつきにくくお手入れも簡単、ときた。

sub9

 これで、カップめんの「焼かない」という矛盾は即座に解決。でも手間がかからないカップめんなのに、「焼く」手間がかかるじゃないか!と言われそうだが、この焼きペヤングメーカーなら、焼きそばの出来上がりまで約10分。文字通り、の「ひと手間」。ひと味ちがう「焼きペヤング」を作ってみたいなら…。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ