後方のあおりから周囲360度を記録 最新ドライブレコーダー

main 事故につながるあおり運転が報道されている昨今。後方のあおりから、サイドの幅寄せなど360度おさえつつ、フロントの映像もしっかり記録するドライブアクションレコーダーのハイスペックモデル、「ダクション 360 S(DC5000)」(カーメイト・東京)が11月20日、発売になった。

 あおり運転の危険な幅寄せや急な割り込みなど、一連の動きを記録するのはもちろん、全天球の画角で水平垂直360度の録画ができ、”デュアルレック機能”で、前方のナンバープレートの視認性も向上した。高性能センサーを前後に2個搭載しているから、解像度の高いレンズが車両の前後をしっかりとらえてくれる。

sub14

 また、オプションを装着すると、エンジンを止めて30分間は常時録画を継続する。無線LANでスマホから映像の確認やダウンロードもできる。使う機会がなければ幸いだが、いざという時のための安心材料に。オープン価格で、公式通販サイトでは税別4万9,800円。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ