ハロウィーンをブッフェスタイルで思いっきり味わっちゃおう! ディズニーランドホテルのスペシャル・メニューで気分はアゲアゲ

可愛らしいジャック・オ・ランタンのパンとおばけのパン 10月に入り、そろそろ街中でもハロウィーンの飾り付けを見かけるようになりましたね。ディズニーリゾート内もハロウィーン色に染まっている今、近隣の各ホテルでも、ハロウィーンにちなんだメニューが提供されています。そこで今回、OVO編集部は、ディズニーランドホテル内の「シャーウッドガーデン・レストラン」で開かれた“ディズニー・ハロウィーン”スペシャルメニュー試食会に参加しましたので、順次リポートしていきます。こちらは、ブッフェレストランなので、好きなメニューを好きなだけ食べられるのがうれしいですね。

パン

 まずは、かわいらしいこちらのパンから。写真上部のジャックオーランタンのパンは、カボチャとメープルのジャムが入っていて、顔の絵はあったりなかったりするそうです。そして下のオバケのパンの表面はクッキー生地で、茶色はココア、白はプレーンの味付け。中にはアップルシナモンクリームが入っていて、飽きずに食べられます。担当者によると、「パンは季節ごとに趣向を凝らしていて、パンを楽しみに来る方もいらっしゃるくらいです」とのこと。かわいいパンに目がないという人は、一度足を運んでみるといいかもしれません。

前菜

 次は前菜を中心に。左側のガラスの器に入っているのは、「サンマと焼きナスのカクテル」。和風の味付けでさっぱりとした食感です。中央上のスプーンは、「ピータン豆腐」。中央下にあるのは、「ポークと根菜のサラダ」で、かかっているパンプキンソースやサツマイモがおいしく、秋を感じる一品です。そして右側は、「カツオの叩きと貝類のマリネ」。ホタテやカツオに、マスタードとシェリー酒のビネガーがかかっており、ちょっとオトナな味を楽しめます。

メイン料理

 お次はメイン料理を中心に。左上は「カボチャとリンゴのグラタン」で、中にカボチャのポタージュが入っており、ホクホク感が楽しめます。左下は、「竹炭マリネのローストビーフ」。黒い竹炭のパウダーがかけられて、ハロウィーン感がありますね。右上は「ラムスペアリブのブレゼ」で、黒酢ソースをかけたラム肉の蒸し煮を楽しめます。そして右下は「サーモンと帆立て貝のロースト」で、オレンジ風味の味付けでさっぱりとしています。

デザート

 では、いよいよお待ちかねのデザートを。左は「カボチャのパンナ・コッタ」で、チョコレートの黒猫がかわいいですね。中央は「ブルーベリーとカシスのゼリー」で、こちらのカボチャもチョコレートです。そして右側は、「ブラックチェリーのムース」(濃い色・手前)と、「ブリオットチェリーのムース」(薄い色・奥)です。どちらもバニラムースが入っていて、前者は程よい甘さ、後者はやや酸味の強い甘さです。ちなみに筆者は後者が好みでした。そして刺さっているタロットカードは、なんと砂糖菓子でできているので食べられます。しかも裏表で違う絵柄が描かれ、下の画像のように、ハロウィーン風の衣装に身を包んだミッキーとミニーの絵が楽しめるのです。

ムースケーキ

 そして、ハロウィーンスペシャルメニューは料理もさることながら、ブッフェ台の飾り付けも必見です。かわいいハロウィーンの飾り付けを見ると、気分も一層上がりますね。

飾り1

飾り2

 いかがでしたか? こちらのブッフェでは、今回紹介した以外にもたくさんの料理が楽しめます。シャーウッドガーデン・レストランでは、老若男女あらゆる人に食事を楽しんでほしいとの思いから、和洋中華などさまざまなメニューを提供しているのだそうです。このメニューは10月31日まで提供されているので、家族で、あるいは大切な人と、ディズニーランドホテルで過ごすすてきなハロウィーンを体験してみてはいかがでしょう?

【ランチブッフェ】 大人(13才以上) 4,000円、7~12才 3,000円、4~6才 2,000円

【ディナーブッフェ】 大人(13才以上)5,000円、7~12才 3,500円、4~6才2,500円


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ