幼児用だけど9万1千円也 前代未聞のハイスペックバイク

sub5 子どものおもちゃ、と言ってもピンキリ。“富裕層”で、レース好きなら飛びつくかもしれない幼児向けランニングバイク「ストライダー」のカーボン製「ST-R」(ストライダージャパン、Ampus・東京)が登場、予約がスタートした。生粋のレーサーモデル。ご子息に、お嬢様に、お一ついかが?

 子どもの乗用玩具という既成概念を破壊する。F1をはじめとするレーシングマシンのモノコックやボディはもちろん、航空機や高級スポーツカーのボディにも使用されるカーボンファイバーを使用。圧倒的に軽くて強く、強度は鉄の10倍、比重は1/4しかないという。

sub18

 短所といえば、製造コストの高さと加工の難しさ。コストを度外視した究極のレーシングモデルだから、お値段は税別9万1,000円、初回限定生産数は、全世界で1000台だ。対象年齢は1歳半~5歳ですから、くれぐれもお間違えなきよう。 詳しくはストライダーST-R商品ページを。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ