「フェルメール展」に行く人も行かない人も 『フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ』は見逃せない!

「フェルメール展」会場の、『上野の森美術館』。
「フェルメール展」会場の、『上野の森美術館』。

 いよいよ、いよいよ10月5日から「フェルメール展」(東京・上野の森美術館)が始まる。何せ現存するフェルメール作品35点のうち9点が来日(同時展示は8点)する今回の展覧会。この秋、最大のイベントと楽しみにしている人も多いはずだ。「光と影の天才画家」とも「光の魔術師」とも呼ばれるフェルメールの世界を自分の目で確認できる貴重な機会だけに、絵画ファンならずとも注目だ。

 そのフェルメールの世界を、視覚だけでなく味覚でも感じてみようという楽しい商品が10月5日から販売される。スープストックトーキョー(東京)が運営するスープ専門店Soup Stock Tokyoが、「フェルメール展」に合わせて作った、その名も『フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ』だ。もちろん、これはフェルメールの代表作のひとつで、今回の展示作品にも入っている“牛乳を注ぐ女”から着想を得たもの。台所で家事にいそしむ女性の日常を柔らかな光で美しく描いた名作の世界観を、一杯のスープに閉じ込めようという大胆なチャレンジだ。

 完成したのは、オランダ産ゴーダチーズを溶け込ませたミルクベースのスープに、クルミやレーズンが入ったパンを合わせた食べごたえのある一品。マスタードソースをスープに添えて、爽やかな酸味を加えられるのも特長だ。フェルメールが日常から美を見出して“牛乳を注ぐ女”を描いたように、このスープも、牛乳や生クリーム、パン、野菜からとっただしなど、日常の食卓に上るありふれた素材を使いながらも、フェルメールの作品のように凛(りん)としたスープに仕上げている。パン以外の目立つ素材はあえて入れず、作品における壁の余白のように、あえて引くことによってスープ自体の味を引き立てているという。チーズにマスタードを合わせるのはオランダの食文化のひとつ。もしかしたらフェルメールもこんなスープを味わっていたかも・・・と想像を膨らませながら飲めばよりいっそう味わい深くなりそうだ。

 Soup Stock Tokyo全店で販売され、価格はRサイズ単品で630円(税込)。

『フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ』
『フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ』

「フェルメール展」

会 場:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)
会 期:平成30年10月5日(金)~平成31年2月3日(日) ※12月13日(木)は休館。
開館時間:9時半~20時半(入館は閉館30分前まで、開館・閉館時間が異なる日もあり)
日時指定入場制:待ち時間緩和を目的とし、入場時間を6つの時間帯に分けた前売日時指定券(当日日時指定券料金は+200円)での入場を原則としており、当日日時指定券は前売販売に余裕があった時間枠のみ販売。一般2500円、大学・高校生1800円、中学・小学生1000円、未就学児は無料。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ