ハチ公ファミリー大掃除スタート 2020年に向けて

img_165994_1 若者の、という形容だけでなく、近年は観光客の街でもある渋谷は、目下100年に一度といわれる大再生中。さらに、五輪が開かれる2020年に向けて、ハチ公前広場に面したパブリックアート「ハチ公ファミリー」の初めての大掃除が始まった。1990年の設置以来、ファミリーの本格的な清掃は初めてだ。 

 ハチ公ファミリーは、ハチ公に家族がいたという史実に基づき制作された壁画。緑の楽園でハチ公が大家族に囲まれて幸せに暮らす様子を描きたい、という原画制作者・北原 龍太郎氏の想いが込められている。ボランティアが定期的に清掃活動を行ってきたが、今回、ジョンソンが洗剤を使って本格的に清掃するプロジェクトを立ち上げた。「ハチ公ファミリー」は、食器としても利用される信楽焼の陶板レリーフで作られているため、キッチン用洗剤としての洗浄力と、植物・自然由来成分の豊かな香りを持つ、同社の「ミセスマイヤーズ クリーンデイ」という洗剤を使っての清掃だそうだ。大掃除は9月26日まで。 

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ