大切なのは「働き観」をどう持つか オンラインで働き方の本質を語り合う集い

d35172-3-422105-0 今年6月、「働き方改革関連法案」(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)が可決・成立して以来、「働き方」に関する議論が盛んだ。働き方改革に関する講演・書籍がビジネスパーソンの注目を集める一方で、残業の削減やテレワークの導入など、手段ありきの表面的な働き方改革が進むばかりという意見も。

 そこで、一般社団法人日本図解協会(東京)は、働き方の本質を語り合いたいという日本全国600人に上る図解応援団員の要請により10月29日19時〜21時30分までZOOMオンラインシステムを通じて「人生100年時代に『働き観』をどう持つか」を語り合う集いを開催する。

 同協会は、言葉が通じなくとも世界中の人々と分かり合える図解の力によって世界平和を目指す団体。「なぜ働くか?」「どう働くか?」という「働き方に対するあり方=働き観」こそ、真の働き方改革に必要なマインドであると考え、今回の集いを企画したという。

 当日のアジェンダは3つのパートに分けられ、さまざまな視点から「働くこと」について明らかにしていく。Part1『「働き方」の前に「働き観」を見つめなおそう』では、「働くこと」について原点に戻って議論し、Part2『「働くことの喜び」ってどんなことだったろう』では、創造性がもたらす喜びについて語り合う。そして、Part3『働くことに「意味・目的」は必要か?を考える』では、何のために働くのかを話し合っていく。

 確かに、「働き観=働き方に対するあり方」がはっきりすれば、「働き方」は自ずと決まってくるものなのかもしれない。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ