今、最も首相に近い若者は誰? 政策コンテスト決勝大会

main 出場者約400人、観覧者約400人。内閣府、 総務省、 法務省、 外務省、財務省、文科省、厚労省など、全省後援の若者による政策コンテストだ。若年投票率の向上を目指す学生団体・NPO法人ドットジェイピー(東京)が15日、全国の若者による政策コンテスト「未来国会2018」決勝大会を開催する。

 今年は10~20代の若者でつくる136チームが出場。地方大会とネット予選を経て、山形、茨城、東京、岡山からの4チームが決勝大会に進出している。30年後の日本のビジョン、10年後の政策・国家予算をプレゼンし、「いま、もっとも総理大臣にちかい若者」を決定する。

過去大会の最優秀チーム
過去大会の最優秀チーム

 「奨学金なんかふみ倒せ!」と、過激に若者の自己実現をサポートする社会を主張する茨城県チームや、女性議員増に関心を示す岡山県チームなど、若い世代のさまざまな意見が聞けそうだ。sub2


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ