フランスの食文化 パンとチーズ【留学生まゆ・ナンシー ワクワク通信】

フランス・ナンシーのブランジェリー
フランス・ナンシーのブランジェリー

 留学先のフランス・ナンシーに住む友人は「パンを食べない日はない。父はパンがないと食事を始めないくらい。パンは人生だよ」と言う。パンとは、フランスのバゲットのことである。
 ナンシーの人々は、毎朝バゲットをブランジェリー(パン屋)に買いに行く。ブランジェリーは街のいたるところにあり、店先にはバゲットがドーーンとたくさん並んでいて、人々は二本三本と買っていく。
 バゲットを片手に歩く人の姿は、朝のナンシーの景色の一部だ。私の住居から徒歩10分以内のところにもブランジェリーが三軒あり、学校帰りに立ち寄ることができる。
 ナンシーのバゲットは、日本と比べて、どの店も少し焼き色が濃い。外側はカリッと、中身はフワッとが特徴だ。

豊富な種類のチーズ売場
豊富な種類のチーズ売場

 バゲットと並んでフランスの食卓に欠かせないのはチーズ。スーパーには、世界有数のチーズ消費国だと実感できるほどの商品が並ぶ。ナンシーの郊外にある大型スーパーは、食料品から日用品まで品ぞろえが豊富。そのスーパーの食料品売場で、ひときわ大きな面積を占めているのがチーズ売り場だ。“棚一面がチーズ”という光景が広がっている。チーズの棚に来るたび、私の心は躍る。ナチュラルタイプ、ウォッシュタイプ、青かびタイプ、白かびタイプなど、タイプごとにたくさんの種類が並び圧巻。

 バゲットとチーズが、朝夕の食卓から昼のサンドイッチにまで、フランスの食文化を支えている。

<執筆者>
静岡大学人文社会科学部 滝沢麻友(たきざわ まゆ)
フランス・ナンシーのロレーヌ大学に留学中


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ