ふるさと納税で北海道を支援しよう! 寄附申し込みフォームを開設

 地震でダメージが大きかった北海道の被災地に何か支援を──そう考えている人は、トラストバンク(東京)が運営するふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を活用してみてはいかが?

 同社では、平成30年北海道胆振東部地震支援のため、ふるさと納税の制度を活用して寄附金を集めることができる災害時緊急寄附申込みフォームを開設。まずは、埼玉県深谷市が代理自治体としてフォームを立ち上げ、今後、自治体の要請を受け次第、随時フォームを開設していく。

 ふるさとチョイスでは、2014年に有事の際にふるさと納税を活用して寄附を募る仕組み「ふるさとチョイス 災害支援」を立ち上げ、これまでに「平成28年熊本地震」では約18億円(約6万件超)、今年発生した「平成30年7月豪雨」では13億円(約7万件)を超える寄附金を集めた(2018年9月6日時点)。

 「ふるさとチョイス 災害支援」で集めた寄附金は、寄附者のメッセージとともに被災自治体に届け、被災地の復旧・復興に役立てられる。また、「ふるさとチョイス 災害支援」では、被災していない自治体が被災自治体の代わりに寄附を募る「代理寄附」の仕組みを設定。代理で寄附を募る代理自治体は、被災自治体に代わって、災害時緊急寄附申込みフォームを開設し、寄附を募るだけでなく、寄附金受領証明書の送付などふるさと納税業務を請け負い、被災自治体を支援する。

 災害支援への寄附は、有事発生直後に集まる傾向がある一方、被災自治体は、市民の安否確認など優先すべき業務があり、被災直後に寄附を募ることが難しく、負担になることから、「ふるさとチョイス 災害支援」では、「代理寄附」の仕組みを提供し、寄附者に対しても「代理寄附」を募る代理自治体への寄附を推奨している。なお、被災地域への支援金のため、原則寄附先の自治体からのお礼の品はない。

■災害時緊急寄附の概要

・災害名: 平成30年北海道胆振東部地震

・フォーム開設日: 9月6日(木)

・フォーム開設自治体*:埼玉県深谷市(代理自治体)

・URL: https://www.furusato-tax.jp/saigai/


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ