ぴあ映画初日満足度ランキング 英領インドの最後を描いた歴史ドラマが人気に

『英国総督 最後の家』 (C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016
『英国総督 最後の家』
(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016

 ぴあ映画生活は、8月10日、11日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 第1位は、英国領インド最後の6カ月を描いた歴史ドラマ『英国総督 最後の家』。主人公は、主権譲渡のために任命された新総督のマウントバッテン卿だ。見た人からは、「教科書に書かれていない事実を知ることができた。独立の過程はとても複雑で混乱したものがありながら、最後の展開には希望ある未来を見出すことができた」(69歳・男性)、「イギリスの良い部分と悪い部分が描かれていて、正直に話が作られていた。独立するときにさまざまな宗教対立がある中で最善の答えを出したところがすごいと思った。感動した」(66歳・男性)などの声が寄せられた。

 第2位は、ファッションの祭典“メットガラ”を舞台に、犯罪集団の完璧な犯罪計画を描いた『オーシャンズ8』。第3位は「つぐない」の原作者イアン・マキューアンのベストセラー小説「初夜」をシアーシャ・ローナン主演で映画化した『追想』だった。

************************************

1位『英国総督 最後の家』88.2点

2位『オーシャンズ8』86.6点

3位『追想』77.2点

(8月11日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ