今年も日本人がタイトル獲得 競技ヨーヨー世界大会

main “子どもの頃の思い出“レベルをはるかに超えた世界だ。中国・上海で開かれたヨーヨーの世界大会、「WORLD YOYO CONTEST2018」(国際ヨーヨー連盟・チェコ共和国)で日本人が今年も大健闘、開催6部門中5部門で世界チャンピオンタイトルを獲得した。

sub1 3分間の音楽に合わせて演技をするフリースタイル競技は、5つのスタイルと、アート&パフォーマンスの全6部門で競う。今年は、27の国と地域から520人の競技者が参加し、過去最大規模の大会だった。日本ヨーヨー連盟公認デモンストレーターの高田柊選手が、2A(ツーハンドルーピングトリック)部門で世界初のアクロバットトリックを成功させ、3連覇を達成。また、三浦元選手が、他2部門でタイトルを獲得した。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ