いい音をキープしながらプライスダウンしたマランツのネットワークプレーヤー

masaki 08.07 いい音をキープしてプライスダウンのマランツネットワークプレーヤー_na6006_min オーディオでレコード再生とともに盛り上がりつつあるのが、ネットワークオーディオ。オーディオブランドのマランツからネットワークオーディオプレーヤー「NA6006」が登場する。価格は7万5,000円(税別)、8月中旬の発売。取扱いはディーアンドエムホールディングス(川崎市)。

  同社には上位モデル「ND8006」があるが、新モデルは単純なコストダウンではないという位置づけ。ND8006に搭載のCD再生メカニズムを省く一方で、ネットワークプレーヤーに絞り込み、音質に関わるデジタル/アナログ回路は同等以上の性能としている。

  DACチップには音質を向上する電流出力型のES9016K2M、その前段には昨年、SA−10で大きな注目を集めたオリジナルのデジタルフィルターを組み込むという具合。アナログ回路も容易に組めるオペアンプだけに頼らず、自社開発の増幅素子を中心に、選りすぐったパーツを綿密に調整して最適化している。

  最新のネットワーク技術により音楽サーバー(NAS)からのハイレゾ再生(DSD5.6MHz、PCM192kHz/24bit)やスマホの音源を再生するBluetoothに対応。インターネットラジオやAmazon MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスも聴ける。AirPlay2により複数のiOSデバイスとの接続が可能でSiriも使える。また同社の対応ワイヤレススピーカーに再生中の音を飛ばすこともできる(専用アプリを用意)。

  USB−A端子はUSBメモリーのほかにUSB−HDDにもつなげられるので、NASを使わずともたくさんのハイレゾ音源を聴くことができる。このほかにも、直接、音量を調整できる可変出力(固定と独立)や単体並みの設計のヘッドホンアンプなどを採用。回路からパーツまで、上位モデルに引けをとらない、ネットワークオーディオをフルに楽しめる設計となっている。大きさ・重さは、幅440×高さ165×奥行き371mm・6.6kg(高さは、ロッドアンテナを立てた場合のもの)。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ