アナログ伝統ブランドにハイクラスのレコードプレーヤー2モデル

Xtension-9 Evolution
Xtension 9 Evolution

 レコード人気を受けて、アナログプレーヤーの新モデルが相次いでいる。先に1Xpression、2Xperienceなどの標準、中級モデルを発売してきたPro-Ject(プロジェクト・オーストリア)からは、さらに上級の2つのモデル「Xtension 9 Evolution」(税別27万円)と「Xtension 9 S-shape」(同30万円)が、7月下旬に登場する。取り扱いは、ディーアンドエムホールディングス(川崎市)。

 2つのモデルの違いはトーンアーム。Xtension 9 Evolutionは、より高音質志向の9インチのカーボンファイバー製シェル一体ストレート型(9ccEvolution)、S-Shapeは9インチ・ユニバーサル・アルミS字型で、こちらはシェルの交換ができるので、複数のカートリッジを取り換えて楽しむという聴き方が可能だ。

xtension9_S-shape
Xtension 9 S-shape

 ターンテーブル/モーターやベースなどのコンストラクションは同じ。回転方式がベルトドライブ(重量16kg)という基本構成で、各所に高音質のための新技術が使われている。ターンテーブルは、強力な磁石の反発力を利用して浮いた状態(マグネットフローティング)になっている。ターンテーブルの重さ(慣性質量)と相まって、抵抗を抑え込んだ一段とスムーズな回転が得られ、細かい振動が伝わるのもカットしてくれる。

 ターンテーブルは合金製で制振のためのエラストマー(弾性を持つ素材)を組み合わせている。さらにテーブルトップにはレコードマットとしても機能するビニールが貼り付けられ、共振防止や鳴き止めを徹底。また、これを支える木目のベース部はMDF(中密度繊維版)に金属の粒が充填された素材を使い、質量を増して、共振や共鳴を抑える。回転数は33・1/3と45rpm、本体の大きさは幅465×高さ185×奥行350mmでダストカバーを付属


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ