スコットランドで蒸気機関車 ストラススペイ鉄道【スコットランド避暑の旅③】

途中駅で点検
途中駅で点検

 ウィスキー好きには有名な、スコットランドのスペイ川流域。19世紀からそのウィスキーの蒸留所の発展に貢献してきたのが、ストラススペイ鉄道だ。ハイランドの景色を楽しみながらのタイムスリップ。エディンバラなどを旅したら、立ち寄ってみたいところの一つだ。

昔ながらの厚紙の切符
昔ながらの厚紙の切符
レトロな車内
レトロな車内
石炭をくべる
石炭をくべる

 ストラススペイ鉄道は、1978年に復活して今年で40年。出発するアビモア駅は、インバネスからなら電車でも車でも約40分、エディンバラからだったら、3時間前後だ。蒸気機関車は、平日は1日3本の運行。午前10時半、12時半、午後2時45分アビモア出発。途中一駅に停車して、終点ブルームヒル駅先で折り返す。往復で約1時間半の小旅行だ。

ハイランドの風景を楽しみながら
ハイランドの風景を楽しみながら

 車窓の風景は、ひたすらハイランドの緑の平原。牛や羊が草を食むのどかな時間を共有できる。途中駅でいったん下車し、機関車の点検の様子などを見学したり、別の機関車を写真に収めたり。折り返し地点では、先頭の機関車を最後尾だった車両に付け替える作業があり、客車の窓から多くの人がスマホやカメラを構えてすれ違う機関車を撮影。アビモアに戻る客車の中は、レトロな煙の匂いが広がっている。

折り返し地点で機関車の位置を入れ替える
折り返し地点で機関車の位置を入れ替える
途中駅には別の機関車も
途中駅には別の機関車も

 乗る時間によっては、ランチやアフタヌーンティーを優雅に楽しめるコースもあり、旅程のうちの一日をアビモア行きに充てるのも悪くない。

text by coco.g


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ