オーディオを始める、またはもう一度楽しみたい人にも合うプリメインアンプ

A-10AE レコード人気やカセット復活などの話題で興味を持つ人が多くなったのか、オーディオをこれから始めたい、もう一度楽しんでみたいという人にもぴったりの、ベーシックなコンポが増えている。

 パイオニア・ブランド(オンキヨー&パイオニア 東京)からは、プリメインアンプの「A-40AE」(税別5万7,500円)と「A-10AE」(同3万8,800円)が7月下旬に発売になる。「アンプからのエネルギーをロス無くスピーカーに伝える」という考え方を継承した設計を行い、よりよい音での再生を目指したモデルだ。

 回路では、電源からスピーカー出力までの部品レイアウトなどを見直して信号が流れる経路を最短・最適化。それによってサウンドの鮮度の高さを追求した。また、アンプにとってとりわけ重要な電源部には、動作に余裕を生む大型トランスや大容量電源コンデンサーを採用。相互の干渉を抑えるために内部回路の各系統でトランス巻き線を分けるといったことも行っている。すべての回路の動作の基準となるGND(グラウンド)を一点にそろえて、外部からのノイズの影響をしっかり抑えるという。さらに、レコードプレーヤーがつなげるフォノ入力(MM)にも対応している。

A-40AE A-40AEは、電源供給を線材の代わりに専用基板を介して行う新技術の投入に加え、テレビ音声や手持ちCDプレーヤーがつなげるデジタル入力(光、同軸)も追加。またパワーアンプ単独でも使える機能も備え、拡張的な使い方に対応している。主な仕様は、出力がA-40AEは60W+60W(4Ω)、A-10AEが50W+50W(同)。大きさは幅435×高さ129×奥行323mmで共通、重さは8.2kg(A-40AE)と6.8kg(A-10AE)。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ