館林手筒花火まつり 【絶景NIPPON】

館林手筒花火まつり 手筒花火とは、愛知県豊橋市が発祥の地といわれる吹き上げ式の花火のこと。火薬の入った竹筒を人が抱えたまま点火するのが特徴である。打ち上げ花火とは違い、色が変化したりはしないが、噴きあがる火柱は大きいもので約10mを超えるものもあり、最後は「ハネ」と呼ばれる炎がごう音とともに足元に噴き出す豪快な花火だ。

  主に愛知県で見ることが出来る手筒花火だが、関東地方では群馬県館林市で毎年7月下旬に「館林手筒まつり」で見ることが出来る。かつて館林藩を治めていた榊原氏が三河藩出身だったことから行われるようになった。手筒花火のほかに打ち上げ花火も打ち上げられる。

 

情報スポット

■開催場所

館林城ゆめひろば
群馬県館林市城町14-1

 

■開催日

2018年7月21日(土)

■アクセス

【電車】

東武鉄道館林駅下車徒歩15分

 ■HP

群馬県HP
http://www.pref.gunma.jp/

ググっとぐんま
https://gunma-dc.net/

館林くらし
https://tatebayashi.info/

館林市観光教会
http://www.utyututuji.jp/index.html

長良陸会
http://www.geocities.jp/nagara1971/


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ