衣類・水・洗剤を入れてシェイク “持ち運べる洗濯機”

main 夏休みに向け、キャンプや旅行などを楽しみにしている人も多いだろう。宿泊レジャーの課題はなんといっても汚れ物の管理。下着や靴下など、特に肌に密着していた衣類だけでも洗いたいものだ。そんな時に便利なのが、アウトドアブランドの「LOGOS」(ロゴスコーポレーション・大阪市)から発売された持ち運び式洗濯袋「LOGOS シェイク洗濯袋」(税別3,600円)。洗濯袋の中に衣類・水・洗剤を入れ、両端をしっかりと持って上下左右に振るだけで洗濯ができる。先端にあるバルブを緩めれば簡単に水が抜けるので、数回すすいだ後、丸めて脱水を行えば洗濯完了。洗濯機ほどの洗浄力はないにしても、汗や汚れが染み付いた衣類を日を置かずに洗えるのは、レジャー時の汚れ物ストレスをかなり減らせそうだ。sub3

 丸めたりたたんだりすればコンパクトになり、かばんに収納できるので、出張時などにも役立ちそう。本体に使われているのは、柔軟性に優れ、衝撃に強く傷がつきにくいTPU素材。長持ちし、防水性が高く、洗濯以外にも、衣類やタオルを入れて圧縮袋としても使えるという。 

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ