ネットワークプレーヤーとメディアサーバーの一台二役

06.27 ネットワークプレーヤーとメディアサーバー_IO-soundgenic-1- PC関連機器のアイ・オー・データ機器(金沢市)は、ネットワークオーディオのメディアサーバー、Soundgenicシリーズの上位モデルHDL-RA3HGを、6月末に発売する。USB DACと組めばネットワークプレーヤーとしても機能させられるのがポイント。オープン価格で、店頭などでは55,000円前後(税別)を想定している。

 メディアには、電圧変動を抑えて静音性も高い、WD(ウエスタンデジタル)社製WD AV-GPのカスタム仕様を使い、容量も3TBに拡大している。デジタル出力(USB)を備えていて、USB DACと組み合わせれば、メディアサーバー一体のネットオーディオプレーヤーに変身、同社のDVD/CDドライブと組んだCDリッピングやCDトランスポート機能、ハイレゾ自動ダウンロードなどにも対応しているので、再生にパソコンが要らなくなる。

06.27 ネットワークプレーヤーとメディアサーバー_IO-soundgenic-2 またスマホとアプリを使いスマホでアクセスして、このSoundgenicから配信を受けて、ストックした音楽データをで聴くこともできる。もちろん通常のDLNA対応のNASとしてほかのネットプレーヤーやパソコンなどで、ストレージとして使用可能だ。ハイレゾ音源はDSD11.2MHzとPCM768kHz/32ビット(いずれも最大)のデジタル出力に対応、大きさは幅168×高さ43×奥行134mm、重さが約1.3kg。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ