老舗のお菓子が手の届く値段で買えて食品ロスも解決 食品ロス削減通販サイト「ロスゼロ」

img_159889_3 手土産に買うことはあっても、自分のためにはなかなか買わない、という人も多い老舗のお菓子。そんなお菓子屋さんでも、規格外やシーズンを過ぎた、などの理由で廃棄されるものがある。もったいな~い、ということで、大量の「食品ロス」で悩む老舗菓子メーカーと、おいしいものを手頃な価格で楽しみたいという消費者とを結ぶ食品ロス削減通販サイト、「ロスゼロ」(ビューティフルスマイル・大阪市)がスタートした。

 どんなものが買えるかというと、例えば「規格外ナッツチョコレート」。世界最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で金賞を獲得した老舗チョコレートメーカーのものだ。ナッツの大きさに差があったり、チョコレートのコーディングが一部はがれてしまったりして、品質には全く問題がなくても破棄されていたナッツチョコレートをアレンジして、低価格で販売する。

 また、老舗豆菓子メーカーの節分の豆は、賞味期限が約1年間あるにもかかわらず、節分シーズンがすぎると廃棄されていた。そこで、その豆を使って軽い新食感の豆菓子へと加工したオリジナル商品もある。img_159889_5

 本来食べられるにもかかわらず廃棄されている食品、いわゆる「食品ロス」は年間約621万トン。飢餓に苦しむ人々への世界の食料援助量が年間約320万トンであることを考えても、かなり大きな数字だ。おいしく食品ロスを減らせるアイディア。さらに収益の一部は、カンボジアへの教育支援として寄付される。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ