最新3次元サラウンド対応のテレビ用バースピーカー

06.01 最新3次元サラウンド対応バースピーカー_sony-Z9F-img テレビの音を簡単にグレードアップするAVアイテムとしてベース(台座)型システムと人気を二分するのがテレビの手前下におくバースピーカーシステムだ。

 ソニーはバースピーカーの新モデル、「HT-Z9F」(税別市場価格8万円前後)、「HT‐X9000F」(同6万円前後)を発売した。最新の3Dサラウンド、ドルビーAtmosとDTS:Xに対応したのが注目のポイントだ。 _sony-HT-X9000F

 ドルビーAtmosとDTS:Xは、AVアンプを中心に対応が進んでいるオブジェクトオーディオとも呼ばれる、上下方向への効果ももたせたサラウンド方式。HT-Z9FとHT-X9000Fはこの2方式に対応。さらに、本来は必要な天井や後ろ側のスピーカーを使わなくとも、前後左右に高さ方向の表現力も加える独自のバーチャルサラウンド技術も搭載している。映像も4Kパススルー、HDRパススルーに対応しているので将来的にも、放送やディスク、メモリーメディアでの多彩なソースが楽しめるようになっている。

 上位モデルHT-Z9FではネットワークオーディオによるNASからのハイレゾ音源再生やChromecast built-in、Spotifyなどのストリーミングサービスが楽しめ、GoogleアシスタントのスマートスピーカーからZ9Fに音楽再生するように声で指示することもできる。Bluetoothにも対応(BluetoothはX9000Fも対応)。_sony-HT-X9000F

 サブウーファーはワイヤレス接続で設置に便利。さらに視聴者の背後方向の再現を強化できるHT-Z9F専用ワイヤレスリアスピーカーSA-Z9R(ペア3万5,000円前後)も追加できる。本体の大きさ・重さは、HT-Z9Fが幅1,000×高さ64×奥行99mm・3.1kg、X9000Fが幅930×高さ58×奥行85mm・2.5kg。サブウーファーはHT-Z9Fが幅190×高さ382×奥行386mm・8.1kg、X9000Fが幅190×高さ382×奥行387mm・7.8kg


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ