金子みすゞをうたにする。 童謡100周年特別プロジェクト

「みんなちがって、みんないい。」

img_158901_1 教科書にも登場する詩人・金子みすゞの有名な詩だ。26歳という短命ながら、金子みすゞが残した作品は500編以上に上る。その詩をもっと世の中に広めたいと活動している「金子みすゞをうたにする。」プロジェクト(中京テレビ)は、童謡誕生から今年で100周年を迎えるにあたって発足したプロジェクトだ。第1弾として、歌唱アーティストのSalyuが歌う「星とたんぽぽ」が6月27日(水)にアソビミュージックから配信される。作曲は、放送作家でミュージシャンの倉本美津留氏。6月22日(金)にiTunesで予約受付が始まった。

第2弾の「私と小鳥と鈴と by Salyu」は7月末に配信される予定。

●動画配信サービスChuun(チューン)の「金子みすゞの詩を歌にする旅」番組


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ