ホセ・リサールって誰? フィリピンの英雄をマンガ化

main スペイン統治時代、武力ではなく知識と労働で国を変えようとしたフィリピンの英雄、ホセ・リサール。その英雄譚がマンガになった。「ホセ・リサール -Jose Rizal-」(漫画:今野涼/原作:松井孝浩)が、TORICO(東京)が運営する無料マンガ配信サービス『スキマ』(日本語)と、『MANGA.CLUB』(日本語・英語)で無料配信されている。

 300年にわたりスペインに統治され、母国語も取り上げられたフィリピン。人々は搾取され、原住民(インディオ)と呼ばれて生きていた。そんな時代、マニラ郊外に生まれたホセ・リサールは、フィリピン人だということで人間的に劣っているのか?武力ではなく知力でフィリピンの現状を変えることができないか?と考えるようになる。

 15カ国語を解し、医師、小説家、画家とたぐいまれな才を持つ彼は、1冊の小説を書くことによって人々を革命へと導いていく。そんなホセ・リサールは、フィリピンでは小・中・高で必ず学ぶ人物だそうだ。「MANGA」の魅力とともに、アジアの英雄史を紐解いてみては?


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ