勉強漬けだけど充実 様々な国の人とのコミュニケーションも【留学生さとみ・ゲルフ・ワクワク通信】

カナダ ゲルフ大学
カナダ ゲルフ大学

 私が留学しているゲルフ大学は、カナダ東部のオンタリオ州にありトロントからバスで1時間ほどの距離にある。大学は、授業の内容やキャンパスの雰囲気、カフェなどの施設が充実している点など生徒からの評判も良い。また、先生と身近に話せるなど私にとって最適の勉強の場所となっている。

大学内の建物
大学内の建物

 ゲルフ大学はキャンパスがとても広い。大学構内には「カフェテリアが2つ」「レストランが3つ」「スターバックスも2店舗」ある。この他、カナダでは誰もが知るファーストフード「Tim hortons」が4店舗もある。大きな図書館をはじめ、ジムやスケートリンクも完備し学生にとって居心地が良い空間が敷地内に広がっている。「Guelph」と書かれたおしゃれな服も構内で売られている。

大学構内の施設
大学構内の施設

 大学のオリエンテーション後に、クラス分けを目的とした試験が行われた。私のクラスは真面目で緊張感のある雰囲気の韓国人、中国人、日本人ばかり。多国籍で和気あいあいなクラスを想像していたため少しギャップも・・。
 授業は、毎日の課題が多い。エッセイを書き、プレゼンテーションをしたり提出物に追われたりなど、授業後に勉強をする日々が始まった。
 授業はWriting、Grammar、Reading、Listening、Speakingの5科目。1コマが50分で週に25コマある。1タームは7週間で最後の週はテスト期間だ。テストが終わったら10日~14日間程の休みに入る。課題に追われながら勉強漬けの日々を送っている中で、クラス内の交流も増え、互いに母国語を教えたり、一緒に買い物に出掛けたりと友達との楽しい時間も送っている。

 ゲルフ大学は、留学生を支援する制度も充実している。その一つが「バディーシステム」という制度だ。週に一度、カナダ人とコミュニケーションの機会を設けるもので、語学学校だけでは友人を作ることが難しい留学生にとって、とてもうれしい制度だ。私のバディーはお姉さんのような雰囲気があるゲルフの学生。週に1回、忙しい中でも時間を割いて、英語教育について気づいたことやカナダに来て驚いたことなどの話を聞いてくれる。 まだ英語が流暢に話せない私が、カナダ人の学生と話をする機会は貴重でとても感謝している。

 留学生のためのアクティビティも用意されている。トロントの水族館やショッピング、ナイアガラの滝や有名なフェスティバルに行くツアーなど、留学生が楽しめるプログラムがたくさんある。アクティビティの予定は事前にメールで送られてくるため、スケジュールが組みやすく、学生達は友達を誘って週末にトロントまで出掛けている。

トロント行きのバス
トロント行きのバス

 ゲルフ大学はホームステイのシステムも整っている。ホームステイの説明会にはホストファミリーも出席して、生活上のルールなどをクイズ形式で楽しく学ぶ。食生活が合わないなどの理由があればホームステイ先を変更できるため、安心して生活を始めることができる。

<執筆者>
武蔵野大学 新井さとみ(あらいさとみ)
今年3月からカナダ・オンタリオ州にある「ゲルフ大学」に留学中。
武蔵野大学から世界へ
https://www.musashino-u.ac.jp/international/study-abroad/


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ