夏のおつまみ、何食べる? 塩味、枝豆、練り製品

 

 梅雨時の蒸し暑さも、ビールとおつまみで一休み。ところで、夏のおつまみは何を食べていますか? 紀文食品(東京)がお酒を自宅で飲む人を対象に調べたところ、塩味の効いているものが一番好まれていた。

 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡の1,123人の調査結果。過半数の人が塩味のものを好み、辛いものやさっぱりしているもの、冷たいもの、そして季節にかかわらずだが、手間がかからずすぐ食べられるものが続いた。

 具体的なメニューを市販品の中でたずねると、トップが枝豆。さらにチーズ、豆腐、刺身、スナック(ポテトチップス等)という結果に。紀文の調査だから、魚肉練り製品は?と見てみると、蒲鉾(9位)、ちくわ(11位)、笹かま(12位)、さつま揚(13位)なども2割以上の回答があり、登場頻度の高いおつまみのようだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ