小型軽量160gでノイズキャンセリング搭載のポータブルヘッドホン

06.01 小型軽量160gでノイズキャン搭載ポータブルヘッドホンHA-S78BN オーディオブランドのJVC(JVCケンウッド・横浜市)は、Bluetoothワイヤレスヘッドホン「HA-S78BN」を、6月中旬に発売する。ヘッドホンタイプとしては軽量ボディとしながらノイズキャンセリング機能を装備。大容量バッテリーの内蔵で、インドア・アウトドアを問わず、快適な再生を図っている。価格はオープン、実売では1万円前後(税別)となる見込み。

 ポータブルユースでは、小型軽量なワイヤレスイヤホンタイプが便利で多く使われるが、しっかりと耳を覆うヘッドホンタイプも根強いファンがいる。ヘッドホンタイプの場合、ボディが大きめなので、ノイズキャンセリング機構が組み込みやすく、また大容量バッテリーが使えるので、長時間再生が楽しめることも人気の要因かもしれない。

 HA-S78BNは、ハウジングやヘッドバンドなどの軽量設計で重さ約165gと、通常の3分の2~2分の1程度まで軽くなっている。内蔵したマイクで周囲のノイズを検知、それを打ち消す信号を生成して、静かな環境で音楽が楽しめるようになるノイズキャンセリング(NC)機能で、外出時も環境音に邪魔されることなく音楽が聴ける。

 ちなみにNC機能は一般的にも、騒音に対抗して再生音量を上げることによる耳のダメージを避けられ、また静かな中で適切な音量で聴けるので、リスニングの疲れも少ないと言われている。

 イヤホンタイプに比べて大容量のバッテリーを内蔵しているので、ワイヤレスで約11時間(NC使用時)または約16時間(NCオフ時)の連続再生ができる。有線接続にも対応し、飛行機内での電波使用制限や充電切れにも対応が可能だ。

 3種の音響調整したサウンドモードがあり、楽曲や好みに合わせて再生が可能。スマホの音楽再生操作や、スマホの音声アシスタント機能にも対応し、通話などもハンズフリーで受信・発信ができる。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ